新築や店舗の工事の流れをご紹介します。
by hiro making blog
"Cat3" Skin by Animal Skin
<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲
《No.16 T様邸》基礎工事
先々週より基礎工事が順調に進んでいます。
写真は手組みによる配筋が完了した様子です。きれいに組まれたグリット状の鉄筋、これぞ職人技ですね ! 組まれた鉄筋の下には地面からの湿気があがってこないように、防水シートも敷かれています。ガスと水道の管も図面通りの位置に配管されています。
d0360725_13414418.jpg
瑕疵担保保険の検査中の様子です。設計通り適切に鉄筋が組まれているかを外部検査機関によってしっかりとチェックしてもらいます。これにより瑕疵のない丈夫で品質の保たれた住宅をつくっていきます!
d0360725_13414620.jpg


d0360725_13414865.jpg
問題なく検査をパスしました!
次は基礎部分の型枠を設置していくためのベース、基準になる捨てコンクリートを打設していきます。これらの工事はすべて、信頼する基礎屋さん丸川さん中心に進んでいきます。よろしくお願いします!!


Top▲ by hiro-design | 2018-04-23 13:54 | No.16 T様邸(藤枝市)
《No.16 T様邸》地盤改良工事
先週「地盤改良工事」が終わりました。これは土地を専門家が調査した上で、必要があると判断された場合、建物を建てるのに十分な強度まで地盤を補強する工事です。今回のようにお家が建っていた場所でも補強が必要となる場合があります。これをしっかりやっておかないと、長い年月のうちに建物が沈んだり傾いたりする恐れもありますから、とても大切。
地盤補強には方法がいくつかありますが、それぞれの土地の要件と照らし合わせて最適な方法を選びます。
d0360725_16461685.jpg
d0360725_16462122.jpg
今回は地面に穴を開けた後、コンクリートを流し込んで柱状に固めるという方法です。少しむずかしいお話になりますが、 地表から8m程度までが弱い地盤の場合に使われる工法で、地面に穴をあけてセメント系固化材を注入しながら、
強い地盤に届くまで掘削してコンクリート状の柱(支持杭)をつくります。今回は66本もの柱でお家を支えます!!
hiroでは信頼のできる業者さんに調査・解析・改良までをお願いしています。

こうした地盤や基礎工事の部分は完成したら見えなくなってしまう工事ですが、とても重要なところ。
丈夫な土台があってこそお家は長持ちします。

地盤改良が終わると、次は「基礎工事」です!

Top▲ by hiro-design | 2018-04-09 16:55 | No.16 T様邸(藤枝市)
《No.16 T様邸》地鎮祭
先週、T様邸の地鎮祭を執り行いました。
桜も一気に開花し、春らしくおだやかな1日となりました。
ここに住まうお施主さまと近隣のみなさまの幸福と、工事の安全を願い
hiroも一緒にお祈りさせていただきました。

d0360725_13111605.jpg
鍬入れの儀、気が引き締まります。
d0360725_13112069.jpg

またひとつ、お施主さまの思いのつまった新築を建築させていただける喜びを感じた祭事でした。T様、これからお引渡しまでよろしくお願いします。



Top▲ by hiro-design | 2018-04-02 13:13 | No.16 T様邸(藤枝市)
| ページトップ |